マイクロプラスチックの話をしていたら・・。

家人「あそこもやめるって言っていたよ。なんとかバスターズってやつ・・」
つゆねこ「バスターズ?新しい会社ができたのか?」
家人「紙のコップにつけるストローを廃止するとか言ってた」
つゆねこ「それってもしかして、リング状の緑のマークがついてないか」
家人「そうそう、中には人の絵が入ってて・・。」

確かに、家人にスタバのことを
説明しても理解不能だ。
行ったことがないからな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あまり難しいことをしていると

身体に悪いのか、
知恵熱が出てしまった。

ウンウン唸りながら
1日寝ていたら少しは
よくなったが、
熱を持った足が
クロタンの標的に
なったのは往生した。

ちょっと本の内容を
詰め込みすぎたので
印刷所の方が
適度にいろいろ
指摘して下さった。

少し動けるように
なってから
修正していたら、
170ページの
本になってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「つゆねこ記載学5」の完成は

9月上旬予定です。

「つゆねこ記載学5」
B5版 170ページ 4000円(1冊分の送料350円)
2倍の情報量でお届けいたします。


Kisaigaku5


| | コメント (0) | トラックバック (0)

毎日、気になったニュースを

家人に話すコーナー。
(そうでもしないと、
介護と仮定の不満の話だけになる)

「私、服にお金をかけられなかったからなあ」
「そういえば、ヴァンサンカンっていう雑誌にね」
「知ってる!焼肉でしょ」
「焼肉じゃなくて・・。
別の話ではユニクロもおしゃれ路線に・・」
「どこに去るん。」
「いや、去るじゃなくっておしゃれ・・」

これ、マジボケですからね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

洗濯機を回しておいたのだが・・・

早く起きたので、
洗濯物を洗っておこうと思ったら、
すでに残り湯が入れてあったので、
衣類と洗剤を放り込んで回しておいた。

ところが、少し仕事をしてきて
ご飯を食べようと思ったら
まだ洗濯機が回っている。

「あれ、2回目?」
「乾いた洗濯物が入っていたから、洗っている」
「乾いたって・・・貴女昨日
残り湯を入れていたじゃないの。

それがなくなってて、乾いた衣類が
ひとりでに入っている過程に
誰かが関与したのではないか
とも考えずに、また洗った訳?」

いつもの手順でないと混乱する
高齢家族である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もう「大瓶」という時代ではないのだろうか

家人は毎日野良仕事を行うので、
「キンカン」は必需品である。

ところが、先日、薬局に
「キンカン」を買いに行ったところ、
「なんだか瓶が小さくなっている。」と仰る。

確かに、私の持っている、
賞味期限の過ぎた瓶と比べてみると、
20mlくらい少なくなっている。

また、ラベルがフルカラーになり、
書かれている文字も少し違うようだ。
私はほとんど外に出ないので、
家人のものと交換して差し上げた。

最近はオロナインでも
副作用が認められているようで、
家人が驚いていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私たちは中年を過ぎても

自分で自分を大切にすることさえ
知らない民族である。(笑

「えっ!?自分が楽しんでも、いいの?!」

ってな具合である。

ボロボロになった
Tシャツを2枚
猫たちの座布団にした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

独創性のある本だったなあ・・。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/4752260298/ref=ox_sc_sfl_title_4?ie=UTF8&psc=1&smid=AN1VRQENFRJN5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

薄片の分類

ようやく薄片ケースを入手し、
積み上げていた薄片を分類した。

だいたい1000枚くらい作った
計算になるのだろうか。
今も、暇を見ては
少しずつt作っている。

作業の過程で、
思わぬ発見があったのも
良い思い出である。

組織集の目次が
欲しい方は
メールでもどうぞ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週の土屋賢二先生の

エッセイの話を
家人に説明していたところ

「しゅちにくりんってどういうこと?」
と問われたので

「辞書で引いてみなさい。」
と伝えておきました。

そのご年齢まで
このような言葉を全くご存じなく
私のようなものを育てながら
一生懸命生きてこられたのですね。

ある意味恐縮です・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«飴色の方解石