何がどう、という訳ではないのですが

もう皆さんも私の本が必要ではないようですし
アマゾンの在庫はいったん撤退します。

本を作るのも、委託するのも、
管理していただくのも
多くの人の手とお金がかかっています。

このような売れない状態で、
誰のために私が本を作っているのかは
ひとつひとつ申し上げませんが
さらに「安く」「内容の質の高い」ものを
求められる読者の方々におきましては
どうか、一度自分で本でもお作り
になってはいかがかと思います。

そして、わかりやすい石の本なら
たくさん他にも出ておりますから、
そちらをお読みいただくか、
論文を直接ご覧になり
ご自身でまとめて頂くなりして
頂くとよろしいかと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

明日発売だった

「地球語ライブラリィ11」ですが、
あまりにも皆さんの心ないご要望が多いので、
取り扱いを中止していただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クロタンとボール遊びをしているのだが・・

ずっとついて見ていないと、
段差に落ちたり、
隙間に入ったりすると
猫の手では取り出せない。

猫とボール遊びを
するだけでもくたびれた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

このところの頂いた反応を見ていると、

情報を公開しない人が
増えてきているのも頷けるよな、と思う。

こんなにみんな、与えて
もらえうることに当たり前になって
しかもその内容の吟味もできない状態では
知識のある人が情報や経験を
公にしなくなってゆくのもあたりまえだ。

本の外見をどんなに繕ったって、
内容がわからない人にはわからないものだ。

ほとんどのデザインというものが、
人を騙すために使われているように。

読書は送り手だけではなく
読み手にも責任がある。
なぜ自分にはわかりにくいのか、
それをまず自らに問うで見た方が良い。

それから、私はあえて聞いているが
著者に帰すことができるのは、
明らかな誤字の間違いが
発展的な内容だけだ。

もちろん、私もそんなに
余裕があるわけではなく
好意でやっていることだったが、
こんなに軒並み読者の力が
弱くなっている状態では
何も作らないにこしたことはないな。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビッグサイト問題について(続き)

関係者側がわがままを言っているなんて、
誰も思っていない。

あんな政府に陳情しても無駄だ、
くらいはすぐに見抜けるだろう。

他にも解決せずに置き去りに
されている「問題いっぱいある。
あなたたちは素晴らしい仕事をやっている。
あんなやつらにおもねろうと思わずに
迂回路をとりなさい。

もっと昔なら、可能性があったかもしれないが・・。

国民をそんなに管理してくれなくても良いよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「地球語ライブラリィ11」について、

良い感想も悪い感想も含めて、
現在の状況を見ている。

夕立ちが降ったので
あわてて洗濯物の取り込み。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

つゆねこ企画の本ですが・・

近いうちに軒並み品切れになりそうな予感・・。

近年はあまりに在庫が動かないので、
再販する余裕もなく、
許可を取り直さなければ
ならないものもあって面倒くさい。

まあ、私も時代も変わったのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新しく2ページの漫画を

ペン入れ中・・。

一時期全く汗をかけない体質となり、
それはそれで問題があったが
最近また、汗が出るようになった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は、久しぶりに

仕事部屋に掃除機をかけた。
ハンディモップで階段も掃除する。

お手玉には飽きてしまったクロタン。
もう子供心は終わったかと思いきや、
ピンポン玉を与えたところ、大喜び。
レーンの端から端まで、うまい具合に
ピンポン玉をもてあそんで駆け回る。

買い物から帰ったら、
タロウが庭で寝転んでいるので
撫でてやる。

第二次荷物発送。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

印刷があがってきたので・・

「地球語ライブラリィ11」の発送。
怒涛の夏コミ前に、割り込んだものの、
予定日より早く仕上げてくださった印刷所の皆様に感謝。

発送作業も大量となり、疲れて動けないので、
家人に手伝ってもらう。

本のネタとしては、まだあるけれども、
これ以上私が本を作るより、
皆さん一人一人が体験なさった方が
良いような気が、すごくする。

一方的に受け取るよりも、
何かしら自分の力で前に進んだ方が、
たとえ数は少なくても、実りは多いことだろう。
世の中のすべてのことを知ることはできないのだし。

シマジロウに追い返されて、
しばらくおとなしくしていたクロタンであるが
やっぱり、神棚に祀ってある松が気になるらしく
引っ張っては辺りを水浸しにしている。

今回は、私が気づかない時に倒したようで
神様が入っている(そうだ)木の箱が
水を吸い込んだため、
日陰で乾かされている。

もちろんクロタンは大怒られである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«今日も、