« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

今度は春の「結晶学」祭り!

久しぶりの雨ですねー!
植物も、喉が渇いていると思うので、たまには雨も降らないと・・。

既にご存じの方もおられると思いますが
以下の本にご興味がある方は、
下記までお問い合わせをどうぞ。

「結晶のふしぎ(1) 水晶」 高田雅介著 800円
「結晶のふしぎ(2) 方解石」 高田雅介著 800円
「やさしい結晶学 結晶の形態」 高田雅介著 1500円
「日本産鉱物の結晶形態 高田鉱物標本・結晶図集」 3000円

http://www7b.biglobe.ne.jp/~takada-crystal/syoseki/hon1.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春の「日本の鉱物産地総覧」祭り!

お楽しみ、頂けておりますか??

退院したばかりの家人が、大量の荷物を見て
「一体何が起こっているのか」と言っておりました。
私の本では、こんなことがないので・・。(笑

山田氏の「日本の鉱物産地総覧」、
おかげさまであと残り6冊です。

現在の時点でご注文頂いた分は、露猫からメールをお届けしています。
漏れのないように気を付けておりますが、
メールが届いておられない方はご連絡頂けたら幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ようやく家人が退院してきたので、

少し家事が楽になった。

今年は食べきろうと思っていた大根だが、あれこれしている間にすっかり「トウ」がたってしまい、花が咲き始めた。その花の部分を摘み取った後、引き抜いて包丁で切り刻み、田んぼに撒きに行ってもらう。畑の隅にはフキノトウが生えていたので、これも摘み取る。暖かくなってきたので、光合成も進むのか、人参を収穫してみたら大きくなっていた。

今使っているパソコンが古く、起動が不安定なので、次世代機を本体だけ購入。モニタは前の前に使っていたものとつなげている。いろいろ調べてみて、安価なアウトレット品で、はじめて使うメーカーにしてみたが、余計なソフトが何も入っていない。最初は驚いたが、少しずつ必要なソフトを追加して、一通り使えるようになったのでホッっとした。LINEとか、どうせ使わないし。どんどんOFFにしてゆく。シンプルな分、余計なことを考えなくて済みそう。

これから何をしてゆくかは、ゆっくり考えてみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山田滋夫氏の「日本の鉱物産地総覧」価格について

みなさん、ずいぶん苦労してここまでたどり着いておられるようで、誠に申し訳ありません。今は色々なページが増えましたので、私のように、のほほんとブログで遊んでいるような(遊びたくて遊んでいる訳ではありませんが)ところは、知名度も低くなり、検索でも上位に挙がってこないのでしょう。もともとそんなに知名度はありませんでしたけれども・・。

私は物事を飲み込むのが遅いので、目立たない方が、ありがたいですが、今回の「総覧」は短期間の仕事ですので。。。派遣社員みたいな気持ちでやっています。

名前を知らなかった色々な方々から、普段にはありえない、たくさんのメールを頂き、こんなに新しい人が育ってきているんだ、と思うと嬉しくなりました。どんどん使って下さって、色々な世界を開げて頂ければ、こんなに幸せなことはありません。

山田滋夫氏の「日本の鉱物産地総覧」の価格がわからない、というご指摘が何件かありましたが、1冊のご注文の場合、本の代金 1万円+送料510円(レターパック)です。

まだ、注文が途切れませんが、もう少し残部はあります。
ですが、住所と電話番号を明記されておられない方が多いので、お返事が返ってこないものは、後に回させていただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「つゆねこ鉱物学9」について

アマゾン取り扱い開始日は4月10日(月曜日)だそうです。

私の本は、「総覧」のように、
多くの皆様に直接役に立つものではありませんので
お好みの方だけどうぞ。(笑

「総覧」もまだ在庫に余裕がありますよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「総覧」の騒乱も過ぎ・・。

いろいろな昔のことを思い出しながら
露猫さんはボーとしています。。。

みなさま、今日は平日です。

いろいろな職種の方がおられるでしょうけれども、
まだ、「総覧」の在庫はありますので、
どうかそんなにお急ぎのないよう
お願い申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「総覧」の行方

阿保らしくも猫の世話で忙しい
露猫企画。
体力不足のため、
大半を京都に転送いたしました。

私のところにもまだありますが、
「総覧」をご希望の方は、どこかで見つけたら、
捕まえておいてください。

私はやりませんが、
フェイスブックにも流れるかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山田氏の「総覧」、注文時に書いてほしいこと

商品をお送りする時に、郵便屋さんの配達のご迷惑にならないよう、エクスパックに書かなければなりませんので、以下の項目は必ず書いておいてくださいね。

1)何の本を何冊欲しいか(普通は一冊で対応しています)
2)郵便番号
3)ご住所
4)お名前
5)メールアドレス
6)電話番号

益富地学会館の方でも扱って頂けるようですが、この感じでは、大阪ショウが開催される前に売り切れてしまうと思います。在庫は5分の2を切り、すでに露猫の方にしかありません。すばらしき関西のマンパワー!

再販を希望される方は、このブログで山田様に、再販のお願いをしてみましょう。でもねえ・・、ものすごくお金かかるから無理かもしれないよ。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山田氏の「総覧」、通販受付中・・

さすがに17年間練りこんだ「総覧」の威力はすごいです。
宅配会社になった気分です。
現在在庫の5分の2地点まで到達しました。

山田さまはまだ働いておられるので、
お急ぎの方は、とにかく何でも良いので
私の方にご連絡頂ければ対応させて頂きます。

まあ、「露猫なんで信頼できない」
という方もおられるでしょうが。(笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

総覧の反応、続々と・・・。

年配の方には、ネットの印刷会社に
抵抗がある方がおられると思いますが
ピンキリです。

私がお世話になっているところは
私が学生の頃、同人誌即売会に
出ていた20年くらい前から
お世話になっているところで
決して同郷だからという理由で
選んでいる訳ではありません。

同人誌即売会で競合する
当時の全国の印刷所の中でも
栄光印刷は特別安かったし
バリエーションも豊富で
対応も丁寧でした。

私の方のミスでよく「なんだこれ?!」
みたいなものを作っていましたが。

今は、改革しすぎではないかと思うような
複雑っぷりで、私はあまり
ついてゆけていないのですが(笑
「総覧」はとにかく、製本の妙を
感じて頂ければと思います。

920ページをいつもより薄い
クリーム色の紙で、背幅4センチに納め、
かろうじて一冊にできたというところがミソです。
多少誤字があるということですが・・。
みなさまもお使いになって
お気づきの点があれば
お知らせ頂ければと思います。

写真の発色もほとんどモニタで見る場合と変わりません。
最新の技術と機械を使っておられるんだと思いますが
ものすごい進歩だと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「総覧」発送待機中

お待たせいたしました。
印刷所さまと郵送会社さまに大変無理を強いてしまいました。

昨日印刷からあがってきました。エクスパックにちょうど入ります。

これからご予約いただいていた方々に、準備発送致しますよー!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

マダニじゃない・・・?

家人はマダニに噛まれたのではなくではなく、もっと原因不明の病気だそうで・・。まだ調査中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大変お待たせしていて申し訳ないが

「総覧」の発送は24日以降までお待ちあれ。理由は私が勘違いしていたため。

「地球語ライブラリィ」シリーズは、もともとショックの緩衝材として作っていたものなので、いつもの半分しか作っていない。なので、在庫がなくなり次第終了。今のところ、2巻、3巻が残り少なくなっているらしい。Amazonにも近いうちに入荷されるとのこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山田氏「総覧」・・・

お待たせしております。

なんと、今年の「春コミ(春のコミックマーケットの略)」が、
休日合わせで月曜にずれこんでいたらしく、
印刷所の方が慌ただしかったみたいです。

まあ、そんなに急がなくても、
4,5月の大阪ショウや
6月のミネラルマーケットには
確実に間に合いますから・・。

当初は夏頃発行予定だったし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

家族の半分が病人となり、

家事の負担がさらに大きいので、朝からくたびれ中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日はさすがにオーバーワークとなり

7時には床についてしまった。あまり疲れすぎると持たないのだ。そこらへんを考えてくれと言っても無理だろうな。そもそも、私の存在自体も、未来も考えてないものな。ただの無料のお手伝いさんみたいな感じで、家にいるとなんでもやらされる。

ふぶきさんの親も、自分の親も結局押し付けられているのだ。そういう人ばかりではないのだろうけど、早めに言っても、誰も聞かないし、男の人は自分の仕事の事しか考えてないからな。最近は女性もそうなりつつあるので、よく考えないと、年をとっても大切なことをどちらも知っていない、という現象が起きる。そんなに一人の人間がなんでもできると思っているのは、タフな人間か、もしくは周りを潰していることに気づかない人種に限られるだろう。

<追伸>どなたかわかりませんが、アマゾンで沢山本を購入して下さり、ありがとうございました。おかげで初期のものは本当の品切れになったようでございます。野垂れ死に目指して前進する所存でございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ほじゅうがかり・ふたたび

家人が原因不明の熱で倒れているので、猫の世話とか、洗濯もの干しなどの係が回ってくる。猫のトイレの砂も完全になくなっていたので、慌てて買いに行く。コンテナ3つに投入。洗濯用洗剤も新しいものを購入して投入。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モビール作り

家人が花のモビールを作っている。
私は乗り気ではなかったが、なかなか見栄えが良く、
思ったより日本家屋で映える。
テレビを見ながら切るのが楽しいそうだ。

そんな家人に鉱物の図柄も作ってくれと言われて、
いくつか試作したが、私は小さい頃から
こんなことばかりしてきたので、全然面白くない。

誰か作ってみたら良いのではないかと思う。
雪とか昆虫とはもうあるようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

少し暖かくなってきたので

3回くらいに分けて、少しずつ次の本の下準備をした。まだまだこれからが本番で、上手く進むかどうかはわからない。

日本規格協会のおはなし科学・技術シリーズも読んでいる。私が小さなころは、近くに図書館がなかったので、こういう本に出合える機会は全くなかった。ちなみに親は本を読まない人で、「体当たり系」の人たちなので、はっきりいって全く参考にしなかった。(よく受け継いでいるかも)今改めて「そうだったのか」と思うことも多い。これを読んでいたら、ふぶきさんとも、もっと会話ができただろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

総覧

すみません。もう一週間ほどだと思うのですが・・・。^^;

荒川氏の「百姓貴族」は、家人に大層気に入られた。
荒川氏には他に大ヒット作が沢山あるのだが、
我が家では、この作品が最も売れている。

しばらく放っておいたら、
ネギが大きくなっていたので、
鋏で刈り込んでヌタを作った。
色々とバタバタしているうちに、
タイコンは固くなりつつある。
なんとか食べられるうちに、頑張って収穫しよう。

家人が釣ってきた魚のアラで、卵スープを作る。
出汁を取った後の残りは、猫小屋のおじさん猫たちに。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

本を続けて二冊出したので、

滞っていた石とか資料の片づけ。
このところいろいろな魔球を投げ続けてきたので、
なかなか新しい情報が入りにくくなってきた。
時々石を割ってみると、いろいろな発見があるけど。

シマジロウ様は、食欲旺盛で、
牛乳プリンを一口だけ食べる。
あと、雪の宿というお煎餅とか。
暖かくなったので、椅子の上で
幸せそうに日向ぼっこしている。
毛色が黒いので、白い猫より温まりやすそう。

食事をしていると、お盆の上に
手を伸ばしてくるようにまでなった。
まあ、食欲があるうちは、元気な証拠である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

魚が高い

今までは、1切れあたり100円以下の魚を選んで購入していたが、このところは、1切れ150円以上になっている。肉もそうだが、こんな値段で誰が買うのか、と思っていたら案の定売れ残っている。生鮮食料品は、日常生活に密着しているから、生活に必要だと言っても、賞味期限があるし、売れ残ると多くの無駄が出ることになる。無駄が出ると、売り上げをあげるために、さらに値段を上げなければならない。私などは、移動費などを完全に断ち切って生活しているので、その分食費には回せるが・・。

義母は以前「普通が一番いいのよ」なんて仰っていたが、今の時代、「普通」では勝ち残っていけない。それに、あなたの家族は「普通」じゃない。私は、自分がなんにも持っていないと思っていたけれど、両親からたくさんのものを貰っていたことに結婚して気が付いた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「つゆねこ鉱物学9」入稿

009tuyuneko

すぐ作ってしまうという・・。

Minerographia、ハロゲン化物式の漫画と、硫化鉱物の自由研究を収録の、「つゆねこ鉱物学9」は、2017年4月発行予定ですう。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今朝は珍しく雪がうっすらと積もっていた。

池のほとりを歩くと、嘴が濃い桃色で、体が黒い、ハトくらいの大きさの鳥が集まっている。実に反応の鈍い鳥で、逃げてゆく時もヨチヨチとしか歩かない。なんという名前の鳥なのか、家人から聞いたけれども忘れてしまった。そもそも地名もあまり覚えないタチなのだ。

田んぼのあぜ道を歩いていたら、小さくて白っぽい鳥が、前方に逃げていく。どんなに逃げても、私はそちらに行くし
かないのだけど、飛ぶのは得意ではないようで、トントントン、と前方に逃げるばかりである。しかし、さすがに途中であきらめたのか、力を振り絞って横に飛び、重たい体を抱えながらなんとか塀の上を超えていった。

今朝コメントにも書かせていただきましたが、他にも露猫の鉱物記載およびエッセイ関係の記事が欲しい方は、遠慮なくお問い合せください。
しかし、お金をかけて書いている記載の方が無料と言うのは、愛好家としてはなんとも言いがたいね・・。まあ、漫画の方もほとんど投げ売りだけどさ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

研究誌にも同好会誌に出しても

どこにも迷惑になりそうな原稿を執筆中・・・。^^;

「つゆねこ鉱物学9」に入れれば、ちょうど1冊分の量になるが、半分以上が文字となってしまい、漫画を期待している方々にはがっかりされるかも・・・・。内容は濃ゆいと思うのだが・・・まだ迷走中?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

昨日は小沢健二の新曲が

無性に聞きたくなり、CD屋へ。

関東ではコーナーが作ってあるほどの盛況ぶりであるが、我が田舎では一向にその気配が見えない・・・・と、思ったら、新作棚の一番下に、それも見本が置いてあるだけだった。見本が置いてあるのだから、それほど売れているのかと思い、レジに向かうが、なかなか商品が出てこない。在庫はあるのだが、いくら引き出しの中を見渡しても見つからない・・・・。

「無ければ良いですよ。他のところで買いますから。」と言ったとたん、ちょっと大きめの紙ジャケット(でもレコードよりは小さい)が、見つかり、「ありました!」。

なるほどね。紙ジャケットでは、立てて置いたらわからないだろう。

環境に配慮した、非常にプラスチック部分の少ない製品で、ご機嫌に聞いている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「あの時代に生きていた人は良かった」

という書き込みを良く見るんだけど、それは、インターネットの普及で、自分の好きなところだけ見れる環境になったから言えることで、当時はそれなりに他にもいろいろと雑多なものがいっぱいあったのである。今は少し少なくなった気がするが、スーパーの音楽の音量なんかも昔はすさまじかったし、選曲に何の配慮もなかった。街を歩いているだけで、頭の中が「うわんうわん」したものだ。そういう経験なかったか?

今の方が言いたいことは言えるし、選べば見たいものだけ見ることができるし、それもほとんど無料に近い形でではないか。コンビニのお弁当だって、今ほど健康に気が配られて、種類が多い時代もないだろう。八宝菜丼は、ご飯をふやかすことがないように、後盛りできるようになっているし、中身のわからない揚げ物類なんて、ほとんど入ってない。いつでもどこでも美味しいコーヒーが安く飲める。

こんなに自由に選べるからこそ、迷うこともあるのだろうけれども。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

「オザケン」と言えば、

私たちの世代では大変なブームであったので、
19年ぶりの活動再開を素直に楽しんでいる。
・・・が、幸せな人生だね。

でも、こんな話を家人にすると
「小沢昭一」氏の話になってしまう。

独立医は、患者をぞんざいな扱いにしていると
商売ができなくなるため
かなり改善されてきているみたいだが
石の世界はまだまだだな
・・という感じがする。

直接命に関わりがある訳ではないから
マニアックなままだし
手を差し伸べても差し伸べても
こぼれていってしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

家人に付き合って

久々にテレビを見たりしたんだけど、悪酔いして頭が痛くなった。

・・・というか、最近はインテリ大学生が、珍獣扱いされたりする世の中になったのだね。世界中の珍しい食べ物、生き物を見尽くしたら、身近に面白いものがいた・・・・。みたいな感じか。まあ、たしかに全体的にレベルが下がってきているから、面白いのだろうが・・・。

「百姓貴族」 荒川弘 新書館

を家人に貸したら、結構好評であった。同じ農家と言っても、ウチは酪農はしていないし、規模も大きくない。知らないことがいろいろあって面白いようだ。我が家にも農業に纏わる苦労は色々あるが、別に書くほどのことでもない。淡々と地味にやっているだけである。多くの農家と同じように、担い手がいないから、どんどん縮小化する運命だ。

昨日は人参を採取。遅蒔きしたものは、少し前までは小さかったが、それも結構大きくなっていて、採りがいがあった。適当に撒いて、適当に待っていると、大きく育つものは育ち、育たないものはやっぱり育たない。そんな様子を植物から教わる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どうも、去年ほどの元気がなく、

疲れがたまっているのであろう。誰にも言わない裏工作色々。

山田滋夫さんの「日本の鉱物産地総覧」は、まだまだ印刷中。いつもの私の本の10倍はページ数があるので、そんなに簡単には・・・・。^^;
とにかく、3月中にはお届けできる予定。郵便局で、送付用のレターパック510を買い込む。

高校の頃は、漫画描き仲間が沢山いた。担任の先生が文芸部の顧問だったこともあって、私は授業中に小説ばかり書いていた。私は当時漫画もイラストも、小説も書いていて、何がしたいのか自分でもよくわかっていなかった。というか、とても授業中に漫画を描くまでの勇気はなかった。
今は編集業に販売業、論文らしきもの書きに、家事、料理、野菜の収穫、猫遊びなど、一層、訳が分からなくなっている。

友人は、目が悪かったので、一番前の席で漫画原稿用紙に下書きなどをしていた。そんなことをしていても、担任の先生は何も言わなかった。私の暗い小説なども、文芸誌にのせるために、黙々とタイプライタで打って下さったりして、恐縮したものだ。どうも私は、指導者運には恵まれているらしい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »