« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

今日は新作鉱物漫画の仕上げと、

新しい切手のデザイン修正。

記事を一件追加。

夕ご飯の下準備をしながら、
米びつに米を入れたり、片栗粉を補充したり。
牛乳ゼリーの制作もあいかわらず。

クロたんが家じゅうを歩き回るようになったので
気が散って仕方ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新作鉱物漫画の下書きが終わり・・・。

2ページ目のペン入れをしているところ。

記事の追加修正をひとつ。

私の場合は、花粉症がこれから6月頃まで。
マスクをしないと、作業が中断されて仕方がない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

荷物を1つ発送。

手持ちカートに乗せてゆくのだが、前回の総覧の発送で、バンドが切れてしまったので、新しくバンドだけ十字型のものを購入。すこぶる調子が良い(もちろんカートが)。500円くらいで購入。本体はまだまだ使えそう。

記事を1件作成。ついでに昨日の記事2件に追加修正。

久々に新作の鉱物漫画3ページのコマ割り。

注文ミスで、スティックのりを買いすぎてしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は、パソコンのケーブルを

ジャンク屋に買いに行ったり、データのバックアップや整理、移し替え作業など。

カリフォルニア生まれの新しい相棒は、一度にたくさんのことをさせると、すぐに動かなくなってしまい、不安定な私を眺めるようである。逆に愛着が沸き、楽しく使っている。動かなくなるのも早いが、立ち直りも早いので、ストレスもそれほど感じない。構造がシンプルなので、それほど技術的な作業をしない私には、よく合っていると思う。

そんなことをしながらも、新しい記事を楽しみながら2つ書いた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

次の本の制作を始めているが、

まだ10分の4くらいのところ。金額的にも内容的にもはっきり言って採算のめどがたたないので、もしかしたら、極少部数にして、一般販売はせず、お中元としてお配りするだけにするかもしれない。この程度の内容の本で、お金をもらっていると、相手の方が気の毒に思えてくるような性分。手持ち資料にしておいても問題ないくらいのものだし。別にもう多くの人に広めなくても良いだろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

早朝にかかってくる電話は

たいてい心臓に悪いものである。

訃報か、緊急の用事か、どちらか。

今回は後者。

悲痛な気持ちはよくわかる。

誰が楽をするために、施設に預けているのか、
私にはどうすることもできないが
自分のやりたいことを少しは減らして
適当に家で見る覚悟さえあれば
全くの他人が、身を粉にして
人の家族に命を消することもなくなるのでは・・。

ま、そんなこと、やったこともない人が、
制度を考えるんだから無理だよね。

使えない人は元からあきらめてるしな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なにげなく倉庫に行ったら、

誰かから頂いた里芋があったので、皮を剥いて水にさらしておく。その間に筍と椎茸を煮る。残念ながら、他にこれといってやるべきことがない。

野菜を頂くのはよいのだが、家人に任せていると、ほとんど腐らせてしまう。「まだ八朔を食べるのは早い。寝かしておく」というので、「私はよくわからないから、管理は任せておくからね」と言ったものの、あまりに何もしないので気になって見に行ったところ、一部にカビがきていたので、慌てて先輩方に(もちろん奇麗なものを)お届けし、毎日食卓に出すようにして食べきった。

サツマイモを頂いた時は、私が存在を知らなかったので、気づいた時にはすべて痛んでいた。暢気というか無駄の多い人なのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

当分品切れだったが・・・

ようやく入荷されたようだ。詳しい裏事情は私にはわからないので、なんとも申し上げようがない。

https://www.amazon.co.jp/つゆねこ鉱物学-9-露猫-綾乃/dp/4904448502/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1492740650&sr=8-1&keywords=露猫綾乃

本の宣伝っていうものは、著者がするものではなく、読者がするものである。それも、頼んで書いてもらうものではなく、その人自身が、訴えたいものがあって自発的に書くものである。それを信じるかどうかも、その人自身の判断になる。

私の本は、口コミで広がる類のものではない。わかる人にしかわからない、実に地味な内容である。もしわかったら、貴方の方が偉い。

以前にも書いた通り、生き方がかなり特殊なので、こんな状態になってまで「売れる」漫画を書こうとは思わないし、楽しいことが大好きな、一般の方々のご理解を頂くことは、はっきり言って無理だと考えている。ただの暇つぶしだが、私にとって楽しい暇つぶしにしたいな、というくらいのものだ。私はこれが幸せだと思って生きているが、
そうでない人の方が多数だろうな、というくらいは知っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

石の百年館

同好会の先輩より、
JR稲田駅の隣にある「石の百年館」 
http://www.city.kasama.lg.jp/page/page006738.html
のご紹介を頂きました。

パステルカラーの可愛らしい博物館です。
暖かくなりましたので、
岩石・鉱物の観察もかねて、どうぞ。

もしかしたら休憩所のどこかに
鉱物漫画が置いてあるかもしれません。
お任せしてあるので、わかりませんが・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クロたん続報

暖かくなってきたからか、クロたんが元気である。

どう元気かと言うと、手編みの毛糸で作った
犬の形をした人形を、爪に引っかけて遊んでいるのである。
足を噛んで持ち運んだりもするようだ。

ようやく猫らしい(?)行動を見せるようになってきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブルーベリーの蕾が大きくなってきた。

激しい雨に打たれて、大半の花は落ちてしまったが、すでに受粉しているので大丈夫とのこと。
アケビも花をつけたようで、赤紫色の雄花と雌花が美しい。しかし、実がなるのには7年くらいかかるそうだ。そこまでして食べたいのか。アケビ・・・。

果物を買って、仏壇に供えておいたら、暖かくなってきたからか、いくつかが傷んでいた。なので、半分に切って庭の枝に差しておく。すると、どこかから色々な鳥がやってきて、啄んで皮だけになる。それを窓から猫が眺めて「にああぁ」と鳴く。

炬燵の上で石の観察をしていたら、炬燵布団の上にムカデが張り付いているのを発見。慌てて鋏を取りだし、頭を切断してゴミ箱に放り込むも、「本体」の方はこたつ布団の中にもぐってしまい、どこにいるのかわからなくなってしまう。

仕方がないので、上に顕微鏡とかがいろいろ乗っているまま、布団を取り外し、家人を呼んできて「いないなあ・・・」と思っていたところ、足元に落ちている「本体」を発見。家人がその場で叩きつぶそうとするのを必死で止め、ごみ箱に放り込んで、そのまま外に出してもらう。

それにしても久しぶりのムカデだったあ・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

つゆねこ猫辞典

クロたん・・・ものすごい団栗目玉で、大きなオス猫。部屋から出たことがないので、廊下に出る時は慎重なる及び腰。人に出会うと、身をひるがえして陣地に戻るという可愛げのない猫である。じっと眺めていると、あちらも眺めているが、少しでも動くと椅子の下に潜り込んでしまう。鳴き声は遠吠えに近い。栄養過多で毛艶は大変よろしい。別名「びびり」もしくは「くちなわ」。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

汚れたバケツを洗っていたら、

タロウが帰って来た。
もうすぐご飯時なので、小屋に入れてやる。

家人は私の汚れた心とは違って、
大変純粋な人なので、
いろいろな出来事をまともに
受けてしまって酷い状態になっている。
悪口が言える間が華なのだよな。

去年の分と合わせて、
論文(?)は26本となった。
別に上を目指している訳ではなく
漫画表現の延長として書いているのだが、
はっきり言って漫画を描くより楽だ。

もちろん、私一人だけで書いている訳ではない。
それぞれに色々な方々のご協力を頂いている。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

シマジロウと一緒に、

牛乳ゼリーを食べていたら、
ハナが「疲れたよー」という感じで戻ってきたので、
小屋に入れてやる。(この話ばっかりだな)

プリンタの余りインクで、
鉱物のイラストハガキを作る。
切手も大分作ったが、お金がかかる割には
ほとんど反応もなく、飽きてきた。
ハガキの方が気軽に作れるし、
色々なところに気軽に差し上げることもできる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

訴えることは是か

何度もお伝えしますが、アマゾンの場合は品切れになっていても、注文すれば入りますので。。。どんどんカートに入れてみるとよろし。本当の品切れになったら、来ないし・・・。それくらいの冒険(と言えるのかどうかわからないが)はしてみたら?

https://www.amazon.co.jp/つゆねこ鉱物学-9-露猫-綾乃/dp/4904448502/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1492030615&sr=8-1&keywords=露猫綾乃

私は、もともとが石好きの人間ではないので、そうではないところからの影響を強く受けてゆく。新しい論文にはあまり目を通していない。どうしてかというと、そういう手法では、追いかけるものが多くの人と同じになってしまうからである。私は研究者の邪魔をしたい訳ではないので、砂場の隅っこで遊んでいる、それだけのことである。「多少歯ごたえがある方が、良いのだよ」と仰る方も、少し前の時代ならおられた。

また、本というものは、誰にでも合うようにはできていないので、少し前ならば、わからないところは、自分流に纏めなおしてみるとか、そういうことをやったものだ。もちろん、私が上手く作品を提供できていないのには事情があるが、石というのはそれくらいまだまだ未開拓の部分が多い世界なのだ。貴方にもこういうことはできる。私一人の力で、全ての読者の欲求を満たすことはとてもできない。こうであったらいいのにな、と思う部分は、自分で作ってみると、作者の苦労が少しはわかるだろう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

つゆねこメール便

次の本の準備とか、資料作りとか、通販の後処理とか、確認とかいろいろ。

Y女史からは「調整役」と呼ばれている。

思うように遊べないので、家人はイラついている。

Amazonの「つゆねこ鉱物学9」も落ち着いたようですね。感想も色々頂いている。感謝。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ほぼ、いつもの日常。

6月のミネラルマーケット(飯田橋)用の荷物を準備。
予定していた「総覧」は完売してしまったので、通常通りの感じで梱包。

書泉グランデさんのところに「つゆねこ鉱物学9」お嫁入り。
でも、なかなか引き取り手がいない。^^;
わずかだが、興味深い反応を頂いている。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

先日、荷物を送るときに、

量が多いので集配に来て頂いたら

「3360円です」

と言うので、

「では、5560円でお願いします。」

「お釣りは1000円でよろしいですか?」

「?!全然、足りませんが・・・。もう一度計算しなおして下さいませんか。」

「引き算ができなくて・・。」

「1000円で良い訳ないだろっ!ものすごい丼勘定だなっ!」

と言うことがあった。結構年配の方だったが・・。


ところで・・・、ドラッグストアとラインなんかして、楽しいか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

家人が珍しい病気だと聞いて

いろんな人が訪ねにくる。
安静にしておかなければならないのだが、隠れた人望の現れか。

今日は、ふぶきさんの実験道具をM君にお譲りする手配。

その後、人参とほうれん草の収穫。

賞味期限切れの準チョコレートレアチーズをおやつに食べる。
最近の食べ物は凝っているなーと思う。(少し量が足りないが・・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「つゆねこ鉱物学9」発送

うーん。これでご満足いただけるかどうかはなんとも・・。^^;
やれるだけのことはやりましたけどね。

今日は買い物に行って、またも見切り品の枝豆を買い込む。昨日の残りものと、これで昼ご飯にする。

遊びまわって疲れ切ったハナたん(肌色の猫)が、小屋の前で佇んでいたので、入れてやる。シマジロウは顔を抱え込んで眠っている。どこからどこまでが模様かわからない、淡い茶色と濃い茶色の離溶組織である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

直接伝えてみましょう!

数年前より、私のところに益富地学会館発行の「地学研究」に対する苦情を沢山頂いております。

この件について、お伝えしたところ、益富地学会館事務局さまより、直接メールや電話でお話頂ければ、喜んで対応して下さる旨伺いましたので、勇気を出して直接不満を伝えてみましょう。良いところでも構いませんよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

使う金額が大きすぎるのではないか

我が家は農家なので、子供の頃は「遊ぶとお金がかかるから寝とけ」と言われて、素直に寝ていた。

また、女は無償で家事や手伝いをして当たり前、男にはお金をあげて遊ばせる、という気風だったので、仕方ないな、と思って、当時のおこずかいでできることをしていた。

今も、私の漫画は多くの皆様が感じている通り、商売になっていないし、これからもならないだろう。というか、使えるお金の範囲でやりくりしているので、たとえ人に差し上げたとしても、損にはならない。もともと儲けがでるような内容ではないとわかってやっているから、こういうことができる。気に入った人にしか差し上げないし。

誰かと対抗しようとか、世の中を良くしようとか、石の趣味を世界中に広めようとか、そういうことは思っていない。できることをしているだけである。その人に気に入ってもらえなかったら、仕方ないな、と思うくらい。毎日一緒に暮らしている人間でも、考えていることなどわからないのに、遠方で時々話す人と意図が伝わるはずがない。時々そんなことがあったら、ありがたいなと思うくらいはする。

ついでに言うと、私は子供の頃、気に入った歌を繰り返し歌っていたところ、親に「同じ歌を何回も歌わないで」と怒られたことがある。そのため、その時から、親の前では歌を歌わないようにしたし、同じ人に同じことはできるだけ言わないように努めてきた。常に自分を変化させて、相手を飽きさせないように、考えている。

当時は親も若かったので、思わず出た言葉で、それほどの意図はなかったのだろうが、私にはそれくらいの衝撃があった。まだ小さかったので、「どうして同じ歌を何回も歌ってはいけないのか」とは考えられなかった。後にそのことを親に聞いてみたら、「覚えていない」と言っていた。その一言で、こんなに自分を変化させてきたのに、「そんなこと言った覚えないわ」なんて言われると、「こんなに変わってしまったのに、どうしたら良いのか」と逆に問いたくなる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

なんか面白いんですよね・・・。

栄光印刷・・・。私は野球は見ないんですが・・。
皆様も使ってやってください。
http://info.eikou.com/archives/1302

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どこまでやるのじゃ

退院してきたばかりの、難病の家人、「体を大切にする」という概念はなく、メダカの水代えをやるという。「水槽1つにしときなよ」と言っておいたが、3つもやってしまったらしく、ダウン。水は意外と重い。

ついでに私も年末に手術をした折、「しばらく重いものは持たないように」と言われ、石にはなるべくさわらないようにしていたが、「総覧」の方が、体に堪えた。紙は重いのである。

今日は家人がトラクターで田んぼを耕しに行ってしまったので驚く。何度も言うが、治療法のない難病である。午後からは法事。人のことは言えないまでも、恐ろしき擦り下ろし人生である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

皆さん・・・

石とオークションのやりすぎじゃないかなあ。。。

基本事項は何回も明記させて頂いたつもりですが、
それすらも読んでない人が多いです。
まあ、「総覧」が欲しいだけなのでしょうけれどもね。

なかったらなかったで、なんとかできると思いますよ。
たとえば、自分で作ってみても良い訳ですし。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

山田滋夫氏の「日本の鉱物産地総覧」通販終了および追加情報のお知らせ

残念ながら、私の方の在庫は
無くなってしまいました。

この度は、たくさんの方に
ご連絡いただき、誠に感謝しております。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »