« 2017年4月 | トップページ

2017年5月

今日は買い物に行き、

庭に咲いている花を持って墓参り。

どうもこのところ憂鬱だ、と思っていたら、
花はどろどろに溶けてているし、白い虫が沸いたりしていた。
別に信仰心とかがあるわけではないのだけど、
敏感に受けやすいタイプのようである。

だから、何度東京に出ても根がつかず、
返ってきてしまうのだろう。
東京に根ができればよかったのだが、
根のない人と結婚してしまったのだから仕方がない。

そういう全く補助のない中で、
何年も戦わされたのでクタクタである。
東京にいた頃は、とにかく毎日調子が悪く、
たいてい昼くらいまでは横になっていた。
横になっていた、と言っても意識は落ちないため、
疲れが取れるわけではない。

仕方がないので、昼前には起きだして、
短い時間でいろいろな仕事を片付けるといった具合。

そんなわけだから、書けるはずだった
作品の大方は飛んでしまい、
不完全なものになっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うぃんうぃん?

私自身は無職の時代が長かったので、お金がなければなくても遊べることを考える。これを切り替えることも、わりと平気である。しかし、都会で優れたモノばかりを求めていたふぶきさんにはそれができなかった。すでに自分の体が限界にきているにも関わらず、新しい情報とないモノねだりをして亡くなった。肩書は優れていたが、柔軟な考えはできない人だったのなだ、と思った。

当然義母のことで揉めるようになるが、すでに我が家は「誰も健全に働ける人がいない」沈没船である。私は義母のことなんて、もうどうでもよいと思っているが、そこに至る過程を知らない他人は、「完璧な介護」を押し付けてくる。完璧な病院、完璧なフォロー。それが無理だから、こうなっているのだ。話をしても全く通じないので、会って話す気力もなくなった。

もう、面倒を見ることが難しいので、施設に預ける段階となったが、「義母側にも、私側にもWin-Winの条件を作りましょう」と言われたまま、一向に進んでいない。好き勝手に生きてきた人間にうぃんうぃん?介護者の意見を尊重する?細胞が生まれ変わって、子供にでも戻ると思っているのか?今流行りの言葉なのかもしれないが、私には、意味不明だな・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クロタンがどこにでも座っている(たくさんいる訳ではないが)。

行動範囲を広げ、あらゆるところで見かけるようになった。シマジロウにも元気に追い返されている。今のところ、それほど困ることはされていないが、ごみ袋を縛ったものを放っておいたら、それを爪にひかっけて遊んでいた。後姿がムーミンに似ているので、心の中で「クロムーミン」と呼ぶことにする。

土屋賢二先生の本も、読み始めてから長いのだけれど、私がいろいろやっている間に、たくさんの本が出ていたので、久しぶりに手に取ってみた。土屋先生の本は、ちょっと覚悟しないと、新鮮な気持ちで読めないのである。世の中の奥様のグチを言う男性のには、これくらいウィットにとんだ洒落た言い方で、伝えてくれるとありがたいとか思う。たとえば「妻と罰」など。タイトルだけで、3週間は笑っていられる。田舎では文化に触れる機会が乏しいので、笑いの燃費率が良いのである。

2,3冊しかなかった初期のころから比べて、本当にいろいろな本を出されたものだ。先ほど、「哲学者にならない方法」を読了したが、私もそうだと思う部分と、やっぱり本物の人は違うな、と思う部分が半々だった。やさしく書かれておられるが、追及の度合いが半端じゃない。そういえば、昔土屋先生のホームページに書き込みしたこともあった。jHNKのジャズピアノの番組を見ていたら、土屋先生が現れて驚いたこともあった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

誰もお前の記載なんて望んでない!

と、大評判中の「つゆねこ記載学」
表紙を張り付けておきますです。

どうして記載したいのだろうか?
ただの意地か??

先に言っておきますが、ただ私のためだけに
書いている訳ではないのでございますよ。
そうにしか見えないのかもしれませんが・・。

現在ブルーメタリックで印刷して頂いております。

そういえば、子供の頃、広告の裏紙などで
一人12連載、独占5大付録付き漫画雑誌を
作って遊んでいた頃に帰った気がいたします。
捨ててしまったので手元には残っておりません。

Kisaigaku


| | コメント (0) | トラックバック (0)

小さなお子さんがおられて大変な方は・・

「俺だって子供だ」 宮藤 官九郎 文春文庫

をどうぞ。

私って、こう見えても人の世話ばっかりやってるよね・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

政治については・・

もう、久野武さんしかおられないですよ。

一応こういう話があるということだけは、
見ておいても良いのでは・・

新・Hキョージュの環境行政時評
http://semi.ksc.kwansei.ac.jp/hisano/2015_summer03.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

約束が違うっていうの。

この家には、私一人では居場所がないんだよな・・。
これじゃ、約束が違うっていうの。
腹が立つので、無言生活4日目。

読書は野村監督と細野晴臣氏に突入。
やっぱり旬の人より少し枯れている人の方が良いわー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ま、そんなもんだろ

このところ、保険の勧誘が多い。
歳をとってきたからだろうか。

そもそも、保険に入る余裕なんてないし、家人が調子よく勧められたあげく、全て大損しているのを何度も見ているので、ばかばかしくて入る気になれない。保険というものは、保険員の給料を賄うためのものだ。どうのこうのとややこしい理屈をつけられたあげく、必ずもらえるという保証はどこにもない。そもそも、自由業の私には、入ってもメリットがない。そんなに働かなければよいだけだ。

断っても、しつこく勧誘してくる。

「お客様の楽しい老後のために」

「楽しい老後ねえ・・・。持病があるからもうそんなに長生きしないと思うんですけど。」

「若いんだから治るかもしれないじゃないですか」

「治る病気だったらこんなに苦労してねーよ。それに、貴社のところで保険に入ろうと思って、正直に申請したら、審査で落とされた挙句‘あの頭のおかしい人‘って言われたけど、それはどうしてくれるわけ。」

こんなに努力して自力で矯正してきてるのに、そこまで言われなきゃなんないわけ。
私がどれだけなんの保証もなく、リスキーな生き方をさせられてきたかへの配慮はないわけ。

という訳で、いつ死んでも良いように、全力疾走で生きてます。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

オリジナルフレーム切手事故追記

人生っていろんなことやらなくちゃいけなくて大変だな。

「オリジナルフレーム切手事故」については、
やりたくないですが、以下にまとめました。
別にお金を返してほしいとか、絶対に刷りなおしてほしいとか
そういうのではないのだけど、
「謝って黙って済ませようという態度には」反論する。

http://tuyunekoayano.art.coocan.jp/08stamp/shop.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「つゆねこ記載学」Amazon取り扱いは・・

6月7日ということです。

ええ、自分で書かない人は、
いくらでも叩けばよいでしょう。

でも、正直言ってお世話になった
方々にお届けするだけで
利益なんてほとんどありませんから。
やればやるほど赤字ですし。

もう個人で面倒くさい
通販する元気もないし。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オリジナルフレーム切手事故

今回新しく注文した2種類の切手のうち、
一種類が「まったく重要な部分も入っておらす、
画像をゆがませた」感じで、印刷されてきました。
これって、された側としては画像改変と感じてもおかしくないです。

郵便局に問い合わせたところ、
「お客様のご指定の通りにお作りしただけです」と仰るのですが、
こちらは送った画像の確認ができるわけではなく、
郵便局ホームページの付属の機能を使って
私がモニタで確認していたした画像とは違いますから、
校正データを送っていただくか、
画像データをどこかで残さないと、
本当に騙された感じします。

しかし、このような場合刷り直しや
返金といった対応はないそうです。
あくまで自己責任。

「もっと!鉱物を楽しみたい1」の表紙ですので
すでにかなり流通している本ですし
比較してもらえば、不思議さはよくおわかりになると思います。

また、はじめてではなく、何十枚も作っているのに
どうして気づかないのよ、とか思うし。

はがき代金の値上がりの時に
新しいサービスを開始した時のソフトに
バグがあったように私は思うのだが・・。

このみっともない切手を使って、今回のみっともない論文集を、
皆様にお送りすることに致しましょう。

どうせ、なんの反応もないのだから、切手つくりはもうやめますわ。
本当に心から作りたくて作っていたわけでもないですし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネコネコ戦争勃発

やっぱり、嫌なものは嫌らしい。

クロタンとシマジロウのことだけど。

クロタンの体が大きいからか、
シマジロウは彼の存在を許さない。

クロタンは基本的には純粋でおとなしい子なんだけど。
うっかり顔を合わせると、シマジロウの猫パンチにやられる。
繰り出したいわ、私も、猫パンチ。

仲良くなるには歳が離れすぎているものな。
せっかく穏やかな老後を・・と思っていたのに
家人の都合でね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニュースを見ていたら、

星野源という方を見つけ、動画などをみているうちに、はまってしまう。今時こんなすさまじい話を、明るく話してくれる同世代、なかなかいないぞ。音楽も、本もどちらも良い。笑える。テレビではいくつか見ている作品もあるのだが、私は基本的に映像障害があるので、見なくて十分。ラジオを聞いている方がよい。

シカオちゃん(スガシカオ氏)の方も、ずいぶん長く応援しているが、先日は20周年フェスで大盛り上がりだったそうで、ブログを見ているだけでも楽しそうだ。桜井さんのコスプレは、ちょっとやりすぎのような・・。(笑)最近のシカオちゃんはさわやか系になっているので、むしろ似ていない?!

この二人が生きているだけで、栄養貰えるなー。

女性作家なども読んでいるのだが、なにもここまで書かんでもよいのでない?と思うくらいで、「こんなこと、男に理解してもらって、どうするんだよ」って思うんだけど、どうだろう。「そっちに行かない方が良いよ」ってことしか言えないな。女性作家で尊敬しているのは、西原理恵子先生だけだ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

つゆねこ発見情報

Dsc_0113_2

新しいつゆねこ発見報告が届いたので、お届けいたします。

中央に並んでいるのがMくんより。
オーストリアのお友達が送ってくださったチョコレートだそうです。
オーストリアのお友達は、私のことも石のことも知らないそうなのですが、
箱を開けたら、つゆねこが笑っていてびっくりしたということ。それはたぶん・・・星野源が面白すぎたからだ。(笑

右に大きく映っているのは、手芸つゆねこですね。作ってくださったのはダンスが好きな男の子です。

左に映っているのは、紙製つゆねこ。これは、女性読者の方が作ってくださいました。この方には毎年いろいろな作品を送っていただいていました。

右上に映っているビーズつゆねこストラップは、ふぶきさんの石仲間だった女性に頂いたもの。

私の方が、驚きますわよ。。。。(笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[つゆねこ記載学」について

なにしろ、全く新しいシリーズなので、
家人に相談しても、判断がつかないようです。

1日考え直してAmazon登録は
やってもらうことにしました。
なので、引っ込み思案な方は
ネットでのご購入で、十分ですよ。

記事の作成に関わって頂いた方々には
よほどのこととがない限り、
寄贈させて頂くつもりでおります。
あと、いつもの図書館関係もですね。

今は次の本の準備をしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ついに・・・・!

トイレと食器を統一化されてしまった、
シマジロウとクロタンである。
猫だけど。

やはり、生活する部屋に
猫トイレがあったりするのは
衛生的に良くないということだったのだが、
猫同士の生活リズムが違ううえ、
目上への敬意を忘れない
クロタン(びびり)であるから、
意外とうまくいっている。

シマジロウなんて、
クロタンがご飯を食べていたら
威嚇して追い出し、
クロタンが食べ残した
ご飯を食べている。

もともとシマジロウは
女ばかり4人家族の中で
最後に残った雄猫であるので
トイレも特に問題ないようだ。
「使うなら、使えよ」
って感じ。

クロタンも、
戦々恐々とはしているものの
広々と歩けるようになったので
楽しいようである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

禁断の記載学本の・・

最終校正をしております。

「つゆねこ記載学」
B5判 106ページ 予価2000円

この本も
いつものようにアマゾンで
委託させて頂こうと思ったのですが
このところのニュースを読むと、
たくさんの業者が入りすぎて
信頼度が落ちているようなので、
この本は通販、および手売りのみ
の販売としたいと思っております。

内容もここ3年間書き溜めた
中国地方から関東にかけての
個人的な記事28編でしかありませんし
ハイレベルな人には必要ないと思うので
読んでもらいたい人だけにお届けいたします。

もうそれくらいしか、
できることないですしね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

紀伊国屋書店様より

6月の東京国際ミネラルフェア http://tima.co.jp で
「つゆねこ鉱物学」シリーズを
販売したいというご連絡をいただきましたので
準備しています。
みかけたら、手に取ってやってください。

でも、正直言って
ちょっと読んだだけでは
価値はよくわからないと思います。
お家でゆっくりというか、
わかる人だけにしかわからないというか。

品切れになりかけているものが
いくつかあり、
再販するかしないか
悩んでいるところ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ごみを捨てに出たら・・

やっぱりタロウが駆け寄ってきた。
どんなに好かれてるんだ。
私を猫にしろ!

世話は家人の担当なので(だって、こんなに年取ってまで、さらに15匹なんて・・・)、特別、何もしていないのだが・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シマジロウのパトロール

このところは、一日に、可能な限り仕事をしていたが、ちょっとしんどくなってきたので、休憩をとるようにして、記事も一日1本だけ書くようにした。今は、出力の時期なので、書き物が多くなっているけれど、昔から気になっていたものが一通り終わったら、また別のことを始めてみたい。モニタを長時間眺めていると、眼球が痛いし。。。

タロウは、ダニにやられて、左耳がつぶれたようになってしまった。家人が病院に連れて行ったが、私は毎日小屋に行くわけではないので、気が付いたら「もう治らない」と言われた。走る速さはいつもと変わらないが、表情はやはり、昔のように天真爛漫ではなくなった。少し陰りがある。

クロタンが、行動範囲を広げて、あちこちに出歩き始めたのは良いのだが、結局唐紙などを破られて「情けない」と言っていた。元気すぎるので、小屋に戻したいのだが、一人だけ尿管結石にならないエサを食べさせなければならないので、今の家人の技術では不可能とのこと。シマジロウが、自分の領地に来ないようパトロールしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

標本棚の整理をしながら

余分な標本に解説をつけたりしている。

最近は、住宅事情や、物が増えすぎていることもあってか、「標本はいらない」と仰る方が増えてきたような気がする。私などは鉱床の母岩も拾ってきたりするから、差し上げるのも躊躇われるし、岩石にも関心のある方にしか差し上げていない。そもそもこの辺りでは、石をやっているというだけでも奇人であり、変人だ。

石が難しいと感じてしまうのはなぜだろう。私にとっては人間関係の方がもっと難しいように感じてしまうけれど。石は間違えても何も言わないし、何度だって改めて考えることを許してくれる。というか、好きなように考えろといった方が近いか。まあ、石を趣味にしても、日常的には役立てようがないからなあ。資源利用としての価値も落ちてきているし・・・。

今日は休日かと思っていたら、一日間違えていて、慌てて病院に行って薬をもらう。連休明けなので、人が多いかと思っていたら、空いていた。大方どこかに遊びに行っているのだろう。そんなに無理に遊ぼうとしなくてもよいだろうと思うが。

もうすぐ農作業が始まるな。無事に終わるのかなあ・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シロアリ駆除の薬剤を買って帰ったら、

ハナたんが疲れて寝そべっていたので、小屋に入れる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月は・・・

1)ミネラルマーケット
https://www.facebook.com/events/704773706367300/

に、本を委託させて頂いています。
去年は入口のあたりに置いてあったそうです。

皆様のお役に立つかどうかはわかりませんが、
購入していただければ、もっといろいろなことを
考えることが可能になります。(笑

2)東京国際ミネラルショウ
http://www.tima.co.jp

鉱物標本開発さんのところで、鉱物切手を扱っていただいています。
今回は、82円切手をメインに、カラフルなものをご用意する予定です。
そもそも、カラーイラストはめったに描かないので、
新しい図柄ではありませんが、多少デザイン(というか向き)が変わります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こんなに。。。

入れて下さって、大丈夫かなあ・・。^^;
また返品で返ってこなければ良いけれど・・。

https://www.amazon.co.jp/つゆねこ鉱物学-9-露猫-綾乃/dp/4904448502/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1493682638&sr=8-1&keywords=露猫綾乃

2ページの新作鉱物漫画は、無事完成。「つゆねこ鉱物学10」までのお楽しみ・・。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

Hキョージュに標本箱を頂いたのだが、、、

もともと石を箱に入れていなかったので(標本箱を買う余裕がなかったのだ)、またたくまに消費され、牛印の石鹸箱をつかって、手作りで追加。見栄えには全くこだわらないため、ホッチキスで簡単に留めている。もちろん、菓子箱などを利用して、製本テープを使うこともある。切り張りは手慣れたもの(上手いというわけではない)。

石の展示や、原画の展示は、一度はしてみたかったのだが、どちらも想像していたほど楽しくないことがわかった。少し前ならそうは思わなかったのだろうが、もう目立ちたくないお年頃。

そんな訳で、いろいろ考えながら、片づけをしていたところ、2ページの漫画をコマ割りまで進めた。実にたわいの空想喜劇。

散歩に行ったら、向かい側から犬を連れた人がやってきて、脇道に逸れるも、結局行き場がなく、田んぼの中を歩いて帰ってくることになった。靴が汚れた。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年4月 | トップページ