« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

今日の鳥獣戯話

若い頃、原稿の

持ち込みに行った時に

「あなたは人のことを

考えていない。」

と言われてから、

ずっと人のことを

考える努力をしてきたが、

未だに結構言われる。

******

色々本も読んだり、

ひとにも相談させて

もらってきたが、

これ以上自分を

変えることは不可能

(というか、もう間に

合わない)なので、

どうにかその人にとって

適当な相手を

見つけて頂ければ

と思うのだが・・。

| | コメント (0)

今日の鳥獣戯話

これはせめて、

お経のCDを

流さNightですね。

*****

家人は、

信田さよ子先生の

「あなたの悩みにおこたえしましょう」

朝日文庫

が良いって仰ってるよ。

| | コメント (0)

今日の鳥獣戯話

ようやく血圧が、

元に戻ったが、

脚気を防ぐために

ポテトチップスを

食べているので

脂質が多くなっている。

******

特に需要がある

わけではないのに、

薄片集を、

3分冊くらいに

纏める作業をしている。

| | コメント (0)

今日の鳥獣戯話2

「箱にボタン付けておいた?」

「あなたからもらったテープで

貼ってみたけど、すぐに取れてしまう。」

「メンディングテープに、

ゴム紐を留める力はねーよ。

留めるなら、ガムテープとか、

接着剤を使えよ。っていうか、

素材が合わなさすぎるよ。」

 

 

 

| | コメント (0)

今日の鳥獣戯話

散歩に出ると、

その間に猫神主さまが

部屋を勝手に弄るから

出られないなあ・・・。

*****

あんな奴の血が

流れてると思うと

死にたいよ。

| | コメント (0)

ほんの紹介

先日、研究者の方に

送って頂いたのですが、

我が国では、地学を

教えている学校って

本当に少ないんですよね。

あえて教えたくないのでは

と思ってしまいますが。

https://www.mihorin.com/blog/20190907/1255

| | コメント (0)

今日の鳥獣戯話

素敵な包装紙を買ってきたので、

のりとテープを使って

紙袋を作っています。

こんなことでも、

今までできなかった

ことなので楽しいんです。

******

何か起こった時こそ

人とは違う方向に動くというのは、

網を投げるときの、

基本みたいなものですよね。

錘が均等に開かないと、

社会が支えられない。

色んな人のおかげで、

社会は成り立っているわけで、

保障なんてものも、

昔は要求しなかったはずです。

*******

農家はいつも自然災害も含めて

生活をしているので、

もとからそんなに贅沢をする家でもなく、

こういう時でも、生活はあまり変わりません。

売れ残った贈答品を買ってきて、

中身はてきとうに食べて

外箱にマインクラフトみたいな

小箱を作って詰めてみるとか。(笑

 

| | コメント (0)

今日の鳥獣戯話

家人の実験によると、

「猫神主様は、

放っておけば

一人でご飯を

食べられることがわかった。」

と仰っている。

******

| | コメント (0)

今日の鳥獣戯話

「担々麵の元を使ったら、味が濃くなりすぎちゃった。」

「別にいいよ。家事の手抜きができるように、私が買ってきたんだから。」

「でも、味が濃い過ぎない?やっぱり味を付けなおして・・。」

「作って頂いているだけでもありがたいから、それでいいっつーに!」

「やっぱり、汁物に整えて・・。」

「世の中には緑のタラコを食べても、元気に生きてる人がいるんだよ?

貴方は言葉のDV受けてきてんの!普通の家庭は黙って食べてるの!

厳しすぎる人の近くにいるから、私も含めて神経質になってるの!!」

 

 

| | コメント (0)

業務連絡

取り扱い店が増える予定なので、

HPのトップページを

少しリニューアルしました。

http://tuyunekoayano.art.coocan.jp

********

「つゆねこ企画」の本は、
露猫が小部数で出版しています。

<弊社の本を、取り扱って頂いているところ>
・書泉グランデ4F 東京都神田神保町 初期の漫画文庫のみ。 
https://www.shosen.co.jp/grande/
・「石の百年館」茨城県笠間市 駅から驚くほどすぐ!
https://www.city.kasama.lg.jp/page/dir006154.html
・「鉱物標本店 石の華」 こちらも駅近く!
http://ishinohana.sakura.ne.jp
・益富地学会館 京都市上京区 古い作品を少しだけ。
http://www.masutomi.or.jp

| | コメント (0)

今日の鳥獣戯話

プリンタの印刷が

できなかったのだが、

ケーブルを外していたのを

忘れていただけだった。

2

| | コメント (0)

今日の鳥獣戯話2

手すき和紙が気になって、

少し集めていたが、

猫神さまたちが

おかなぐりになられた

破れた唐紙の修復に

使えるかもしれない

と考えている。

******

・・・と、いいつつ

なかなか修復

できないでいるのだが、

色々な模様をあてがって

いるだけでも楽しい。

 

| | コメント (0)

今日の鳥獣戯話

深刻なお悩みを

聞くっていうことは、

戦争並みの心労が

あるそうだ。

******

作家っぽいことを

やっていると、

本の内容に関することより、

人生相談の方が多くて、

必要な作業だとは思いつつも、

本題の話からは

どんどん逸れてゆくうえ、

解決できないことも

あるので難しい。

******

今はそういう話を

明るくかわしてくれる

人がいないので、

疲れやすい。

 

 

 

| | コメント (0)

今日の鳥獣戯話

集って

人の足を引っ張ろうとするのは

不思議な習慣ですね。

******

宇治金時シリーズ作ってます。

| | コメント (0)

今日の鳥獣戯話

久しぶりにエコー検査。

血種が大きくなっているか

どうか調べてもらったが、

特に変化はないらしい。

最近は薬が増えたので

眠気が強く、あまり働けない。

******

病状に年季が入っていて、

命を守るか否かの

判断の結果なので、

減らすわけにもゆかずに、

ただ眠るだけ。

とにかく、体の芯から

疲れているような感じ。

どれだけ眠っても、

自然な眠りではないので

疲れは取れない。

幻の中を生きているよう。

| | コメント (0)

今日の鳥獣擬話

肝臓の辺りが痛いから、

また病院に行かなければ

ならないなあ。

取り替え可能の

機械だからな。

*******

皆様にはお優しい

ご家族がおられるのだから、

それでお楽しみになれば

よろしいのでは?

| | コメント (0)

今日の鳥獣擬話

「我が国には、優秀な人が

たくさんおられると思うから、

ワシは少し休むぞ。」

「それぞれが、

そこそこ穏やかに暮らしていれば、

それで十分じゃからな。」

******

「げえむ」や「ねっと」に

限らないが、いずれも

情報負荷がとても

大きくなっているので、

やめなくても良いが、

気を付けて行うこと。

| | コメント (0)

今日の猫古事記

そろそろこのブログのタイトルを

「鳥獣戯文」にしたい

ところなのだが、

公にできないことも多いので、

少し差し控えている。

******

学生時代、

一番楽しかったのは

国語の教科書で、

授業が始まる前に

最後まで読んで

しまっていたが、

家人は

「そういうことはしなかった」

と仰る。

だから、例文の続きを

考えたりして、

褒められた時なども、

昔はあったのである。

それがなぜだか、

向かない「芸術」の方に

行ってしまい、

ついでに「理系」という

とんでもない森に

迷い込んでしまうことになって

大困り。

*****

「どうしてお前みたいなものが

こんなところに」

とよく言われる。

永遠の迷い子みたいな

ものかもしれない。

*****

子供の頃、

「国語の先生になりたい」

という選択肢が、素直に

思い浮かばなかったのである。

| | コメント (0)

今日の猫古事記

どんなに痩せても、

骨の太さ以上は

痩せられないけど、

骨を削るしかないかな?

| | コメント (0)

今日の猫古事記

「昔はかわいかったのに・・・。」

「過去形になってるよ。

農作業でできたシミでも

とる手術をしてこうか?」

| | コメント (0)

今日の猫古事記

「私、ようやく人に

質問ができるようになったの。」

「そう・・・。」

| | コメント (0)

いろんないじめ方があるものだのう・・

心から感心しますわ。

| | コメント (0)

今日の猫古事記

頂き物の

金色で三角形の

時計を取り外した。

三角形が不安定な形で、

振り子がついているので、

さらにイライラしてしまう。

私の場合、健康ではないから

焦らせてもあまり意味がない。

誤解を生んでいるようだが、

私はそんな大した人間ではない。

******

文字盤は小さいが、

ふぶきさんの時計に

取り換えた。

 

| | コメント (0)

今日の猫古事記

災害も経済も、

落ち込む循環器に入ったら、

とりあえず自分の身の安全を

保っているだけでも

良しとして良いのではないか。

******

たとえば、毎日飲んでいる

紅茶のマークを集めたり、

キウイに貼ってある

シールを集めたりする。

その量で、時間の経過を

実感するというものである。

******

このような状態になることは、

すでに大まかに社会学で

言われてきていて、

それよりもずっと

すごい状態のものが

来ているのは、

皆さまご存じの通りだと思う。

来るときには来るのである。

誰のせいでもない。

******

このような場合、

あえて即断できないように

していたシステムから

ほころびが見えるのは、

ある意味仕方がない。

できるだけ、稼働する

規模を小さくして、

嵐が通り過ぎるのを

待つしかない。

******

とにかくそんなにすぐに

解決する問題では

なさそうなので、

ゆっくり庭の草取りとか

しても良いかもしれない。

 

 

| | コメント (0)

今日の猫古事記

自分にあう本はないかと探していて、

「桃尻語訳 枕草子」橋本治 著

を読んだときに

ああ、小さい頃、

自分も「こういうようなこと」

をしていたな、

ということを思い出した。

******

「こういうようなこと」

というのは、

清少納言のような

メモのことである。

学生手帳の白いページに

自分だけの物語を

書いて遊んでいたので、

同じことをしている人が、

1000年前にもいたのだな、

という感慨である。

******

当時、その手帳を

貸してほしい

という同級生は

沢山おられたが、

「面白い」「いいね」と

言ってくれた人は、

一人もいなかったように

記憶している。

なんとなく、

期待外れと言うか、

なにつまんねーこと

書いているんだと言うか、

そんな感じ。

一緒に漫画を描いていた

仲間も、色々な理由で

どんどん離れて行った。

******

そのまま現在に

繋がっているのは、

皆さんご承知の通り。

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

今日の猫古事記

しばらくスピーカが

使えなくなって困っていたが、

修理屋さんに持っていって、

いろいろ教わったところ、

スピーカーの端子の規格が

合っていないことが分かった。

******

新しく加わった

スピーカにつなぎなおしたら、

音が良すぎてびびっている。^^;

 

| | コメント (0)

今日の猫古事記

何十年間も

「頭がおかしい」と言われながら

育った感性は、なかなか

取れるものではありません。

*******

一番とか、

なりたくてなっている

訳ではないですし。

 

| | コメント (0)

今日の猫古事記

ずいぶん前にフリースを

買いに行ったところ、

時期が遅かったのか、

大きなサイズのものしか

残っていなかった。

*******

袖と裾にボアが

ついていたが、

生活しているうちに

汚れてしまい、

外には着ていけなくなった。

(織り込み済みの

設計なのだろう)

*******

しかし、

保温効果は抜群なので、

袖と裾のボアを、

チタン製の鋏で切り取って

家人に直して

もらうことにした。

 

| | コメント (0)

今日の猫古事記

(私が言うのもなんだけど)

自分がそういう

人間にならずにあれた

すべてのものごとに

感謝すべきだと思いますね。

 

| | コメント (0)

今日の猫古事記

ふぶきさんが、

インターネット上の

情報だけを見て、

体調が悪いのは

「鉄分が不足しているからだ。」

とか、「ビタミンB1」が

不足しているからだ

などと仰って、

サプリメントを飲んでいたが、

栄養学の基礎では

「この栄養素は、

油と一緒に食べなければ

吸収されない。」

とか、色々な決まりがあるので、

ただその成分だけ摂取しても

あまり意味がない。

******

基本的には、

色々な食べ物を、

できれば1日

30品目を目指して

食べていれば、

自然に満たされる

ようになる

(と言われている)。

だから、

自分の好きな範囲で

カスタマイズすればよい。

******

とりわけ、

料理が苦手な人は

そういうことに疎いらしく、

私がなぜ、このような食事を

作っているかの意味が

伝わっていなかったらしい。

副作用がありながらも

毎日作ってきた、

その意味とはなんなのか

亡くなる直前には

理解したみたいだが、

それと交換するように

死神がやってきた。

******

 

 

 

| | コメント (0)

今日の猫古事記

ニラの近くに

わざと水仙を植えて

あったりするんだよね。

| | コメント (0)

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »