« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

今日の猫古事記

「子が鎹になる」には

子供の成長を

待たなければならない。

******

たとえ子供を

産まなくても

子供自身が、

色々経験してから

わかる親の気持ち

と言うこともある。

******

「わかっているつもり」

ではなく

実感できるように

なるまでには、

やはり、

いろいろな経験と

昔を振り返る

時間が必要だ。

******

それから、

親をも押し返す気力。

どうしてこんなことを

仰っているのだろうか、

ということを、

少し考えてみること。

(どんな人に対してもだけど)

******

色々な方や趣味に少しづつ

支えてもらうのが、

重くなりすぎないコツ。

| | コメント (0)

今日の猫古事記2

「今日も仲良しさんがいたよ」

「家庭を作っても大変なのになあ」

「自分たちだけは、うまくいくと思ってるんじゃない」

 

| | コメント (0)

今日の猫古事記

「薬は7割くらい効けば上等よ」

「おっ!猫神主様、エエこと言うじゃん」

「ヨーロッパでは冷凍庫に・・。」

「わかった!わかった!好きなことはほどほどに!」

 

 

| | コメント (0)

今日の鳥獣戯話

きみのーゆくーみちはー

はてしーなくーとおいー

だのにーなあぜー

| | コメント (0)

今日の猫古事記

腱鞘炎かな・・。

| | コメント (0)

今日の猫古事記

部屋籠りで

文具遊びをしていたら、

腕に筋肉がついてきて、

プロレスラーみたいに。。。

| | コメント (0)

業務連絡

「地球語ライブラリィ10~18」を

3冊の「そしきずかん」に

纏めなおしています。

*******

「岩石組織集1」A5版 320ページ 2500円 ←印刷済

「岩石組織集2」A5版 256ページ 2500円 ←印刷中

「鉱石組織集」A5版 148ページ 2500円

*******

ついでに、

新刊も作りはじめました。

今度は岩石の「ずかん」です。

「石たちの日常5」A5版 56ページ 600円くらいか? ←印刷中

海外では、このような本

(のもっとすごいもの)は

普通に出回っていますが、

そこまでしなくても

色々わかるのではないか、

というのがこのシリーズです。

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

今日の猫古事記

ゴフスタインの絵本を

頂くことが多い。

いずれも、よく本を

読んでいる方からである。

*******

ゴフスタインの作品は、

いくつかあるが、

私には、枝を削って

お人形を作る話が

一番しっくりくる。

表現の形態は変わっても、

大体いつもそんな感じだと思う。

*******

びんた切れの水晶さんは

やはり、

山を駆け巡っている

時の文章が、

活き活きしていますね。

 

 

| | コメント (0)

今日の猫古事記2

「都会に住んでいて

大変だったところ」

を書いてくれと、

某所から依頼されたので、

少し始めてみます。

うーん。

膨大にありすぎて

悩みますが・・・。

*******

電車の連絡が複雑。

電車好きでも、

頭が良いわけでもない

私には、未知の地名

ばかりで恐怖。

(これは全国どこでも同じか)

*******

一本の電車が

途中で切り離されて、

違う方面に

連れていかれたり、

乗り継ぎを間違える、

なんてのは普通。

ホームが沢山ある上に

乗り換えも頻繁にある。

*******

贅沢に暮らして

おられるのは

ごく一部の方で、

一般人は、

地方の過疎地より

古い住居だったりする。

*******

危険とは常に隣り合わせ。

満員電車では、

リュックサックは

前に抱えていなければ

ならないとか。

*******

ゴミ袋などで、

意外な出費があるので

意外と給料が残らないとか。

*******

モノは沢山あるのに、

本当に欲しいものは

何にもなかったりとか。

 

 

 

| | コメント (0)

今日の猫古事記

家人に植物図鑑を与えたら、

メキメキと詳しくなって、

専門用語が混ざるように

なってきたので

全くわからない。

| | コメント (0)

今日の猫古事記2

シマジロウさまは、

鰹節をお食べに

なられたあと、

気が遠くなるほど

お水をお飲みになられ、

後ろを振り返りつつ

お帰りになられた。

| | コメント (0)

今日の猫古事記

弱い立場にいるものに

相性の悪い人を

あてがわれたら、

どんな生きる意味が

あるっていうのだろう?

*******

せめて会話くらいは

通じた感じがしなければ、

信じる気持ちにすら

ならないだろう。

| | コメント (0)

今日の鳥獣戯話

家人が「獣臭がする」

と仰るので、

扉を開けてみると、

電気器具の裏が

ネズちゃんの排泄物で

汚れていた。

******

あわてて

拭き掃除をし、

ドアを閉めたら、

電灯の紐も挟んで

しまったようで、

しばらく電気が

つけられなかった。

| | コメント (0)

今日の猫古事記

やっぱり宇宙に

出ていくことは

必要なのかなあ・・。

*****

この期に及んで

「食パンより、バターロールがいい!」

という義母。

 

 

| | コメント (0)

今日の猫古事記

周りが真面目過ぎて

疲れたなあ。。。

もっとふざけたことを

やってみたい。

| | コメント (0)

業務連絡

これから発行予定の

本の紹介をしておきますね。

いずれも部数は少ないので、

大切に配給させて頂きます。

詳しくは(といっても、内容の説明はないですが)以下を。

http://tuyunekoayano.art.coocan.jp

*******

「石たちの日常5」

A5版 56ページ フルカラー本文

岩石の「ずかん」です。続きは・・未定。

*******

「岩石組織集2」

A5版 256ページ フルカラー本文

「地球語ライブラリィ」の纏めなおしです。

産状別なので、皆さんの薄片と、比較がしやすいかも。

 

| | コメント (0)

今日の猫古事記

散歩をしていたところ、

郵便屋さんのバイクが

エンストをしていて、

ずいぶん使いこなした車種なのか

何度始動をかけてもかからない。

*****

これはもう無理なのではないか、

と思うくらい、

蹴りを入れた後、

なんとかエンジンがかかって

出発していった。

ハラハラ・ドキドキものですね。

| | コメント (0)

業務連絡

「石たちの日常 1+2+3+4」を

書泉グランデさま4階の地学コーナーで

取り扱って頂けるようになりました。

今のところ書店は

自粛の対象外だそうですから、

ご興味のある方は

よろしくお願い申し上げます。

 

 

| | コメント (0)

今日の鳥獣戯話

人間て本当に

変な生き物ですね。

| | コメント (0)

今日の猫古事記

贈答品の飾りとして

挟み込んである

和紙を拾っておいたら、

家人が蛇腹状に折って

花を作って下さった。

*****

飾るところは、

もちろん仏壇だ。

| | コメント (0)

今日の鳥獣戯話

「今日は、溝の掃除をしている人が多かったよ。」

「溝掃除は明日だが、雨だ。全部、また溝に戻ってしまう。」

「どうして、そういうことを知らないの?」

「回覧板で、”溝の掃除をしとけ。”と書いてあったからだろう。

明日も、明後日も、その次も雨だ。」

******

「溝掃除、中止になりましたあ~!」

| | コメント (0)

今日の猫古事記

私には、植物のセンスが

どうも無いようで、

質問に答えられないので

子供だった頃の

家人のために

植物の本を買って

差し上げています。

| | コメント (0)

今日の猫古事記

一般的な鉱物の、

一般的な標本を収録した、

画期的な「ずかん」。

少し多めに再販いたしました。

あまり滞っていると、

結構適当にお分けしてしまうので、

ご希望の方は、お早めにどうぞー。

*******

「石たちの日常 1+2+3+4」 

A5版 総フルカラー 270ページ。

2500円。

http://tuyunekoayano.art.coocan.jp

 

| | コメント (0)

今日の猫古事記

銅というのは、

結構産出量が少なく、

貴重なものなので、

黄銅鉱みたいなものから

銅を取り出せる簡単な方法が

あったらよいですね。

| | コメント (0)

今日の猫古事記

シマジロウ様は、

私が遊ばないので、

猫神主様のところで

くつろいでおられます。

******

技術のある方は、

しばらく、折り紙で

お雛様(限定)に祈りを込めて

作って差し上げて下さい。

また、お雛様の御心を

満たすためには

どうしたら良いかも

お考え下さい。

******

薬の副作用か

何かわからないが、

体のあちこちに

発疹が出てきた。

| | コメント (0)

今日の般若心業

写真で見ていた

白黒の時代は、

決して白黒では

なかったことが

わかりますね。

*****

悲観的な書き方の本も

ありましたが、

結構淡々と過ごして

おられた方もいたようで、

やはり少し私たちが

平和ボケしていたの

かもしれません。

 

| | コメント (0)

今日の鳥獣戯話2

「庭に置いてある、

石灰岩の塊は

どこから持ってきたのか?」

「それはじいちゃんが、

洞窟の穴の中へ

ロープでぶら下がり、

抱えて持って帰ってきた石だ。」

「じいちゃんは、

どんな仕事をしていたのか?」

「土木工事の監督をしていた。

県で二人しか通らない

試験に通っている。」

「そ・・・そんな話は

今まで聞いたことがない。

そうか、私はドボジョだったのか。

それで、土木工事に興味が・・。

早く仰って下されば、

その道に進んだのに。」

「女子が土木なんて・・。」

「その考えが私を潰して

しまっているんだよ。

隔世遺伝に、素直に

従えばよかったんだ。

意味の分からん、

職業の藪漕ぎを

してしまったじゃないか。」

 

 

 

 

| | コメント (0)

今日の鳥獣戯話

料理を作る時は、

作りながら考える。

******

フライパンに油をしいて

芽の生えた紫玉ねぎと、

紫キャベツを刻んで、

人参と炒める。

******

少し水が出てくるので、

片栗粉を加えて栄養素が

逃げないようにする。

******

と、ここまではソース野菜炒めに

しようと思っていたのだが、

急遽変更。

クリームシチューの

元と牛乳を加え、

蓋をして煮る。

*******

紫色のシチューができました。

| | コメント (0)

今日の鳥獣戯話

「この白くてスベスベのは、石灰岩?」

「透明な石英の粒が含まれているから、流紋岩。」

「こっちの緑色のは緑泥石?」

「明るい緑色は緑簾石。」

「このツルツルした黒色の石、珍しい!」

「それは頁岩と言って、結構ふつう。」

| | コメント (0)

ほんのしょうかい

「<写真集>珠玉の海中翡翠」 越中・海中翡翠原石愛好会 発行 2015年

********

静けさのなかに、熱意を感じる写真集です。

東北地方の日本海側の海は、とりわけ波が高く、

水温も低いと思われ、泳いでいる人をほとんど

見かけたことがありませんでしたが、

楽しそうですね。^^

狙い方を変えれば、時々神様とご対面

することもあるという見本。

 

| | コメント (0)

今日の鳥獣戯話

空には宇宙船が飛んでいて

米櫃の近くにいた

ネズミの糞を

片付けていたら、

ずいぶん前から探していた

黄緑色の短い定規が出てきた。

 

| | コメント (0)

今日の鳥獣戯話

義母よ・・。

外に出たい気持ちは

よくわかるが、

今、人の多い病院に、

治る予定のない病気で

車椅子で行くのは無理だ。

支える私たちの方が、

遊んでないし、

死にそうだ。

 

| | コメント (0)

今日の鳥獣戯話

すっかりメモ帳作家に

なりつつあるなあ。。。

| | コメント (0)

今日の鳥獣戯話

「やっぱり、トイレットペーパー買ってくる。」

「トイレットペーパーは、もうエエっちゅうに!」

*******

男って、すごいことできなくなったら

「ハイ、捨て!」っていう面あるよね。

お母ちゃんしか信じてないもんね。

これだけしてあげても「自己責任」だもんね。

難しいこと言わずに、

家事と育児と介護に

お金をあげれば済むことなんだよ。

| | コメント (0)

今日の鳥獣戯話

大きな地震だと思ったが、

私のとこだったか。

******

「筑波山地域ジオパークをめぐる 旅と地球」

https://tsukuba-geopark.jp/page/page000012.html

が充実しています。

| | コメント (0)

今日の鳥獣戯話

説明しても説明しても

家人に伝わらないので、

咳が出るようになった。

「お前の話を聞いていると

頭がおかしくなる。」と仰る。

私も貴方といると、

羽ばたくことができませんね。

かといってすべての男性が

頼りになるわけでもありませんしね。

 

| | コメント (0)

きょうの鳥獣戯話

家人に

「まともバカ」という本で

勉強させています。

******

土の中にもいろいろな

生き物がおられるので、

あまり覆ってしまうと

時々埃も吸えなくなって、

免疫力も下がってしまうの

かもしれないなあ。

| | コメント (0)

今日の鳥獣戯話

修正テープの接着版

みたいなものがあって、

目的に応じて

用途が違うのですが、

接着度が弱いもので

フセンを作ったりしています。

とても面倒なのですが、

その面倒さで、

フセン作りの苦労が

身近に感じられたりします。

紙も好きなものを選べます。

******

文具もいろいろなことを

教えてくれます。

 

 

 

| | コメント (0)

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »