うじゃ

今日は買い物に行き、

庭に咲いている花を持って墓参り。

どうもこのところ憂鬱だ、と思っていたら、
花はどろどろに溶けてているし、白い虫が沸いたりしていた。
別に信仰心とかがあるわけではないのだけど、
敏感に受けやすいタイプのようである。

だから、何度東京に出ても根がつかず、
返ってきてしまうのだろう。
東京に根ができればよかったのだが、
根のない人と結婚してしまったのだから仕方がない。

そういう全く補助のない中で、
何年も戦わされたのでクタクタである。
東京にいた頃は、とにかく毎日調子が悪く、
たいてい昼くらいまでは横になっていた。
横になっていた、と言っても意識は落ちないため、
疲れが取れるわけではない。

仕方がないので、昼前には起きだして、
短い時間でいろいろな仕事を片付けるといった具合。

そんなわけだから、書けるはずだった
作品の大方は飛んでしまい、
不完全なものになっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うぃんうぃん?

私自身は無職の時代が長かったので、お金がなければなくても遊べることを考える。これを切り替えることも、わりと平気である。しかし、都会で優れたモノばかりを求めていたふぶきさんにはそれができなかった。すでに自分の体が限界にきているにも関わらず、新しい情報とないモノねだりをして亡くなった。肩書は優れていたが、柔軟な考えはできない人だったのなだ、と思った。

当然義母のことで揉めるようになるが、すでに我が家は「誰も健全に働ける人がいない」沈没船である。私は義母のことなんて、もうどうでもよいと思っているが、そこに至る過程を知らない他人は、「完璧な介護」を押し付けてくる。完璧な病院、完璧なフォロー。それが無理だから、こうなっているのだ。話をしても全く通じないので、会って話す気力もなくなった。

もう、面倒を見ることが難しいので、施設に預ける段階となったが、「義母側にも、私側にもWin-Winの条件を作りましょう」と言われたまま、一向に進んでいない。好き勝手に生きてきた人間にうぃんうぃん?介護者の意見を尊重する?細胞が生まれ変わって、子供にでも戻ると思っているのか?今流行りの言葉なのかもしれないが、私には、意味不明だな・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小さなお子さんがおられて大変な方は・・

「俺だって子供だ」 宮藤 官九郎 文春文庫

をどうぞ。

私って、こう見えても人の世話ばっかりやってるよね・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

政治については・・

もう、久野武さんしかおられないですよ。

一応こういう話があるということだけは、
見ておいても良いのでは・・

新・Hキョージュの環境行政時評
http://semi.ksc.kwansei.ac.jp/hisano/2015_summer03.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

約束が違うっていうの。

この家には、私一人では居場所がないんだよな・・。
これじゃ、約束が違うっていうの。
腹が立つので、無言生活4日目。

読書は野村監督と細野晴臣氏に突入。
やっぱり旬の人より少し枯れている人の方が良いわー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ま、そんなもんだろ

このところ、保険の勧誘が多い。
歳をとってきたからだろうか。

そもそも、保険に入る余裕なんてないし、家人が調子よく勧められたあげく、全て大損しているのを何度も見ているので、ばかばかしくて入る気になれない。保険というものは、保険員の給料を賄うためのものだ。どうのこうのとややこしい理屈をつけられたあげく、必ずもらえるという保証はどこにもない。そもそも、自由業の私には、入ってもメリットがない。そんなに働かなければよいだけだ。

断っても、しつこく勧誘してくる。

「お客様の楽しい老後のために」

「楽しい老後ねえ・・・。持病があるからもうそんなに長生きしないと思うんですけど。」

「若いんだから治るかもしれないじゃないですか」

「治る病気だったらこんなに苦労してねーよ。それに、貴社のところで保険に入ろうと思って、正直に申請したら、審査で落とされた挙句‘あの頭のおかしい人‘って言われたけど、それはどうしてくれるわけ。」

こんなに努力して自力で矯正してきてるのに、そこまで言われなきゃなんないわけ。
私がどれだけなんの保証もなく、リスキーな生き方をさせられてきたかへの配慮はないわけ。

という訳で、いつ死んでも良いように、全力疾走で生きてます。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

オリジナルフレーム切手事故追記

人生っていろんなことやらなくちゃいけなくて大変だな。

「オリジナルフレーム切手事故」については、
やりたくないですが、以下にまとめました。
別にお金を返してほしいとか、絶対に刷りなおしてほしいとか
そういうのではないのだけど、
「謝って黙って済ませようという態度には」反論する。

http://tuyunekoayano.art.coocan.jp/08stamp/shop.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オリジナルフレーム切手事故

今回新しく注文した2種類の切手のうち、
一種類が「まったく重要な部分も入っておらす、
画像をゆがませた」感じで、印刷されてきました。
これって、された側としては画像改変と感じてもおかしくないです。

郵便局に問い合わせたところ、
「お客様のご指定の通りにお作りしただけです」と仰るのですが、
こちらは送った画像の確認ができるわけではなく、
郵便局ホームページの付属の機能を使って
私がモニタで確認していたした画像とは違いますから、
校正データを送っていただくか、
画像データをどこかで残さないと、
本当に騙された感じします。

しかし、このような場合刷り直しや
返金といった対応はないそうです。
あくまで自己責任。

「もっと!鉱物を楽しみたい1」の表紙ですので
すでにかなり流通している本ですし
比較してもらえば、不思議さはよくおわかりになると思います。

また、はじめてではなく、何十枚も作っているのに
どうして気づかないのよ、とか思うし。

はがき代金の値上がりの時に
新しいサービスを開始した時のソフトに
バグがあったように私は思うのだが・・。

このみっともない切手を使って、今回のみっともない論文集を、
皆様にお送りすることに致しましょう。

どうせ、なんの反応もないのだから、切手つくりはもうやめますわ。
本当に心から作りたくて作っていたわけでもないですし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネコネコ戦争勃発

やっぱり、嫌なものは嫌らしい。

クロタンとシマジロウのことだけど。

クロタンの体が大きいからか、
シマジロウは彼の存在を許さない。

クロタンは基本的には純粋でおとなしい子なんだけど。
うっかり顔を合わせると、シマジロウの猫パンチにやられる。
繰り出したいわ、私も、猫パンチ。

仲良くなるには歳が離れすぎているものな。
せっかく穏やかな老後を・・と思っていたのに
家人の都合でね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニュースを見ていたら、

星野源という方を見つけ、動画などをみているうちに、はまってしまう。今時こんなすさまじい話を、明るく話してくれる同世代、なかなかいないぞ。音楽も、本もどちらも良い。笑える。テレビではいくつか見ている作品もあるのだが、私は基本的に映像障害があるので、見なくて十分。ラジオを聞いている方がよい。

シカオちゃん(スガシカオ氏)の方も、ずいぶん長く応援しているが、先日は20周年フェスで大盛り上がりだったそうで、ブログを見ているだけでも楽しそうだ。桜井さんのコスプレは、ちょっとやりすぎのような・・。(笑)最近のシカオちゃんはさわやか系になっているので、むしろ似ていない?!

この二人が生きているだけで、栄養貰えるなー。

女性作家なども読んでいるのだが、なにもここまで書かんでもよいのでない?と思うくらいで、「こんなこと、男に理解してもらって、どうするんだよ」って思うんだけど、どうだろう。「そっちに行かない方が良いよ」ってことしか言えないな。女性作家で尊敬しているのは、西原理恵子先生だけだ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧